INFORMATION

TBKからのお知らせ

2018年11月12日

平成30年健康保険被扶養者現況調査実施について

平素は、当組合の事業運営に格別のご協力を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、標記の件について、健康保険法施行規則第50条に基づき、健康保険被扶養者現況調査を実施致します。下記をご確認いただき、ご協力賜りますようお願い致します。

*****記*****

1.調査目的
被扶養者認定時に、健康保険法に基づいた厳正な資格審査を実施しておりますが、ご家族の生活状況は日々変化していると思われます。本来該当しない人が被扶養者のままであると、健保財政に大きな影響を与え、将来的には保険料の引上げ等、被保険者の負担増に繋がります。そのため、ご家族が引き続き被扶養者の資格を満たしているかの確認を目的とするものです。尚、扶養調査については厚生労働省より毎年実施するように指導を受けております。

2.調査対象者
下記に該当する被扶養者 (平成30年4月1日以降に認定を受けた方は除く)
平成30年4月1日現在18歳以上の健保被扶養者
※但し、平成30年12月20日までに資格喪失された方(被保険者の事業所異動は対象)、平成31年4月1日までに75歳に到達する方は、対象外とします。
調査対象の条件に該当しない場合でも、当健康保険組合で必要と認める被扶養者は対象となります。

3.提出書類と提出期限
※詳細は「健康保険被扶養者現況調査票」(以下「調査票」)をご確認下さい。(作成基準日:9/30健保受付分迄を反映)

4.ご注意およびご連絡
(1)対象の被扶養者または被保険者が平成30年12月20日までに喪失された場合は、原則、調査対象外となりますので提出は不要です(被保険者の事業所異動は対象)。平成30年12月21日以降に喪失された場合は、調査対象となります。

(2)別添の【被扶養者の認定基準の概要】を確認いただき、認定要件を満たしていないことが分かった場合は、事業所へご連絡いただき、扶養削除の手続きをお願い致します。
また、調査票にもその旨を記載のうえ、当組合へご提出下さい。

(3)提出書類を確認した結果、被扶養者に該当しないことが分かった場合は、その事実が発生した時点で資格が無くなります。また、提出期限を過ぎても調査票並びに証明書の提出がない場合は、被扶養者の資格の確認ができないことから、平成31年1月1日付で被扶養者の資格が無くなり、資格喪失日以後にかかられた医療費(健保負担分)は当組合へご返還いただく場合があります。

BACK
TO TOP