INFORMATION

TBKからのお知らせ

2018年9月3日

「睡眠負債」 眠りを変えれば、カラダが変わる(健康管理)

厳しい残暑が続いていますが、確実に秋の気配も漂い始めたこの頃です。今年の夏は記録的な猛暑、普段はよく眠れる人でも、眠れない夜が多かったかもしれません。
   
「睡眠負債(すいみんふさい)」は、最近マスコミ(NHKも取り上げ)でよく耳にする言葉です。「睡眠負債」はスタンフォード大学(米国)の教授が提唱した言葉で、日々の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響を及ぼす恐れのある状態をいいます。
   
わずかな睡眠不足が積み重なり「債務超過」の状態に陥ると、生活や仕事の質が低下するだけではなく、「うつ病」、「がん」、「認知症」などの疾病に繋がる恐れがあるといわれています。怖いですね~!
   
「睡眠負債」を取り除く根本的な方法は、不足している睡眠時間増やすことです。但し、休みの日に「寝だめ」をするのは、日常の生活リズムを壊すことになり、逆効果となる場合があります。負債は、「毎日コツコツ返済!」、「睡眠の質を高める!」等が大切です。
    

BACK
TO TOP