HEALTH SERVICE

がん検診の補助について

トップ保健事業がん検診の補助について

がんを不治の病と嘆くのは20年前の話で、現在では早期発見、早期治療により治る病気と考えられています。

がんの早期発見にはがん検診が有効であり、トータルビューティー健康保険組合はみなさんのがん検診受診をバックアップいたします。

申込期間適宜
受診期間毎年4月1日~翌年3月31日
対象者被保険者
内容居住地の市区町村が実施する『がん検診』の補助事業
検診項目

(1)胃がん検診:問診、胃内視鏡検査、胃部X線検査

(2)肺がん検診:問診、胸部X線検査、喀痰検査

(3)大腸がん検診:問診、便潜血検査

(4)乳がん検診:問診、視診、触診、エコー検査(乳房超音波撮影)、マンモグラフィ(乳房X線撮影)

(5)子宮頸がん検診:問診、視診、触診、子宮頸部の細胞診および内診

(6)前立腺がん:PSA検査(血液検査)

※検査後、精密検査を受診する場合は保険診療となります。

受診方法居住地の市区町村のがん検診のホームページ・広報紙等でご確認ください。
費用補助額

各がん検診費用の合計金額で、年間の上限額を5,000円/人とし、その実費を補助します。

※保険診療(3割自己負担)の場合は対象外

受診後、市区町村の受診案内(写でも可)、補助申請書および領収書原本を提出してください。

申請回数

対象者1人に年間を通じて1回に限ります。

※必ずまとめて申請してください

その他がん検診については、健康増進法(平成14年法律第1.3号)第19条の2に基づく健康増進事業として市区町村が実施しています。厚生労働省では、『がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針』(厚生労働省健康局長通知)を定め、同指針に基づく検診を推進します。
[例]
京都市
胃がん検診
〈50歳以上・2年に1回〉
胃内視鏡検査3,000円
胃部X線検査1,000円
肺がん検診
〈40歳以上・1年に1回〉
胸部X線検査無料
喀痰検査1,000円
大腸がん検診
〈40歳以上・1年に1回〉
便潜血検査300円
乳がん検診
〈30歳以上・女性・2年に1回〉
エコー検査〈30歳代の方〉1,300円
マンモグラフィ〈40歳以上の方〉1,300円
子宮頸がん検診
〈20歳以上・女性・2年に1回〉
子宮頸部細胞診1,000円
前立腺がん
〈50歳以上・男性・2年に1回〉
PSA検査(血液検査)1,500円
申請・支払方法
  • 1.健診機関で受診〈個人申込〉
  • 2.費用を立て替えて支払い

    ※領収書は必ずお受け取りください!

  • 3.次の(1)~(3)を下記要領で当組合へ送付してください。
    • (1)『がん検診補助事業申請書』
    • (2)領収書(下記[1]~[3]全て記載)
      • [1]検査料金
      • [2]受診者氏名
      • [3]検診名
    • (3)検査方法が明記された医療費明細書(健診機関から発行があった場合のみ)

※申請は1人につき、年1回限りです。複数の検診を受診する場合は1枚にまとめて申請してください

がん検診補助事業申請書 【Excel】 【PDF】
BACK
TO TOP